かかりつけ薬局なら札幌市内に2店舗(中央区/豊平区)の時計台薬局および愛生舘ビル薬局へ

夏の紫外線

2018年6月29日

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイト(色素形成細胞)が活性化して、メラニン色素を作り出し、表皮の奥にある真皮への紫外線侵入を防御します。
しかし、新陳代謝のリズムが乱れることでメラニン色素が皮膚に沈着し、シミやそばかすになります。

<食事では抗酸化作用のある栄養素を含む食事を摂ることがポイント>

ビタミンC:赤ピーマン、ブロッコリー、かぶの葉、じゃがいも、さつまいもmレモン、キウイ等
β−カロテン:モロヘイヤ、人参、明日葉、ほうれん草、かぼちゃ等
ビタミンE:うなぎの蒲焼、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ひまわりの油、モロヘイヤ、かぼちゃ等

シミにはビタミンC、β−カロテンは強い抗酸化作用、またβ−カロテンは、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取することで相乗効果により抗酸化作用が強まります。


時計台薬局愛生館ビル薬局

(C) 2012 TOKEIDAI YAKKYOKU All rights Reserved.

PAGE TOP