かかりつけ薬局なら札幌市内に2店舗(中央区/豊平区)の時計台薬局および愛生舘ビル薬局へ

ドライアイについて

2018年10月5日

☆ドライアイについて☆

涙の分泌量が減ったり、蒸発量が増えたりして、目の表面が乾くのが「ドライアイ」です。涙には、「主涙腺」からたくさん出る涙と、「副涙腺」からもじわじわ出ている涙の2種類があります。
加齢とともに涙腺の機能も落ちるため、高齢になるほどドライアイは増えます。外部刺激によって引き起こされることも。最近は、花粉症などのアレルギーで結膜炎を起こし、涙腺に障害が起こるというパターンが急増しています。
また、エアコンによる部屋の乾燥の影響も。パソコンやスマホなどを見ることでまばたきが減り、起こるケースもあります。
また、まぶたの軟骨には、涙の蒸発を防ぐための脂分を出す管があるのですが、この部分が炎症などで詰まると脂分が出なくなり、目が乾きやすくなります。原因としては、アレルギーや、濃いアイメイクなどによる炎症刺激が考えられています。

気をつけること!!!
エアコンをつけた時は必ず加湿をしましょう。また、濃すぎるアイメイクは避け、寝る前などに蒸しタオルで目を温めましょう。温めることで詰まった脂分が溶け、分泌されやすくなります。疲れ目にも最適です。


時計台薬局愛生館ビル薬局

(C) 2012 TOKEIDAI YAKKYOKU All rights Reserved.

PAGE TOP