かかりつけ薬局なら札幌市内に2店舗(中央区/豊平区)の時計台薬局および愛生舘ビル薬局へ

エアコンによる冷えに注意!

2017年8月3日

こんにちは!

皆さんは冷房が寒いと感じたことはありませんか?寒さを我慢するのって結構つらいですよね・・・
今回はエアコンが寒い時の身体への影響と寒さ対策についてお話しますね。

エアコンが寒いと感じるところは、
オフィス内や電車、車、お店など色々な場面があるかと思います。

身体の冷えは様々な悪影響を及ぼすので注意が必要です。
特に女性は寒がりな方が多いですよね。
女性の身体は男性に比べ筋肉量が少なく、脂肪が多いのが特徴です。身体は筋肉によって熱をつくりだすので、筋肉の少ない女性の身体は熱をつくりにくいのです。
そして脂肪はあたたまりにくく、一旦身体が冷えてしまうと身体の中に溜め込んでしまうのです。また、ホルモンバランスの変動も原因の一つといわれています。


ではどんな悪影響があるのでしょうか。


・身体がだるい
・頭痛
・腹痛
・肩こり
・めまい、たちくらみ
・生理痛がひどくなる

などあるようです。


対策としては、


・ひざ掛けで寒さ対策
ひざかけであたためましょう。肩や首を暖めるのも効果的です。また、服装で調整するのも大切です。長袖を着る、靴下を履く、腹巻をするなど!


・お風呂浸かる
シャワーだけで済ます方もいるかと思いますが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにしましょう。冷えて収縮した血管が広がり、身体が温まります。夏こそお風呂ですね。


・温かい食べ物・飲み物
外からの対策だけでなく、身体の中からも温めましょう。ショウガを入れるのも効果的です!(そうめんに生姜を入れるとおいしいですよね!)生姜湯を飲むのもよいですね。トマト、なす、きゅうりなどは身体を冷やす食材なので、摂り過ぎには注意です。


・運動をする
筋肉を動かすと熱を発生するので、ストレッチや軽い運動で身体を温めましょう。下半身を鍛えることで、筋肉が働き、血液・リンパの流れが良くなり足先の冷えが解消されます。


しっかり対策して快適に夏を過ごしましょう♪


時計台薬局愛生館ビル薬局

(C) 2012 TOKEIDAI YAKKYOKU All rights Reserved.

PAGE TOP