かかりつけ薬局なら札幌市内に2店舗(中央区/豊平区)の時計台薬局および愛生舘ビル薬局へ

喉の風邪にオススメの漢方

2018年12月1日

札幌は初雪が記録的に遅かったと思ったのも束の間、一気に根雪になりそうな今日この頃です。
急に寒くなり、カゼシーズンも到来します。インフルエンザも流行り始めますが、冬場に多い風邪は喉の症状です。乾燥などをきっかけに喉の調子が悪くなることもしばしば。

そんな時には、漢方で「桔梗湯」がオススメです。
桔梗湯の構成生薬は、“桔梗”と“甘草”の2種類だけです。桔梗は痰や化膿をとり、甘草は炎症や痛みをやわらげます。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。
漢方は生薬の種類が少ない方剤が比較的早く効果が出る傾向にあります。(代表的なのは、芍薬甘草湯(芍薬と甘草の2種)で、足のつりに即効性があります)
オススメの飲み方は、ぬるま湯に溶かして少し口に含みながらガラガラゴックンして飲む、あるいはうがいして吐き出すのが効果的です。喉の炎症部位に薬が長く接するようにさせて使うのがオススメです。

また当薬局のオリジナルで調合している、「時計台薬局感冒剤3号」もオススメです。
これは、桔梗・甘草と西洋薬(咳、鼻、熱など)がブレンドされている風邪薬です。
一度購入された多くの方が、リピーターになって頂いております。
皆様のご家庭の常備薬としても最適です。是非一度お求め頂きたいと思います。
原料の入手の問題で、数に限りがございますので一度に大量購入はできませんので、ご了承ください。


時計台薬局愛生館ビル薬局

(C) 2012 TOKEIDAI YAKKYOKU All rights Reserved.

PAGE TOP