かかりつけ薬局なら札幌市内に2店舗(中央区/豊平区)の時計台薬局および愛生舘ビル薬局へ

質問

調剤薬局・処方せんについてのQ&A

お薬についてのQ&A

ジェネリック医薬品についてのQ&A

お薬手帳についてのQ&A

薬局製剤についてのQ&A

質問&答え

調剤薬局・処方せんについてのQ&A

  • 医師はどうして処方せんを出すのですか?

    医師は処方せんを出し、薬のことを専門家である薬剤師に任せることで、一層診療に専念することができます。その結果患者さんは、より充実した医療を受けられるようになります。また、医師が自由に薬を処方できるため、患者さんに処方し使うことのできる薬の幅が広がります

  • 薬だけほしい場合は、医療機関にいかなくても薬局で薬をもらうことはできますか?

    いいえ、それはできません。薬剤師は、医師の診断の結果、症状に応じて出された処方せんに基づき調剤しますので、その都度受診し処方せんを発行してもらわなければ調剤できません

  • 「くすり屋」さんなら、どこでも処方せんを受けつけてもらえますか?

    「保険薬局」であれば処方せんによる調剤ができます。「保険調剤」、「処方せん受付」などの表示があるところです。保険薬局でなければ、処方せんのお薬は調剤してもらうことができません。

  • 処方せんに有効期限はありますか?

    あります。特に医師より有効期限の記載が処方せんに書かれていない場合は、処方日を含めて4日以内です。それ以降は、基本的に調剤薬局で受け付けはできません。その際は、処方せん発行をした病院・クリニックや、調剤薬局に確認してください。

  • 処方せんを代理の者が持っていっても、お薬はもらえますか。

    処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。ご家族や代理の方などが処方せんをお持ちになっても、お薬をお渡せます。

  • 処方せんを薬局に持っていくと、最初にいろいろ聞かれますが、なぜですか?

    薬を安全に使用していただくために必要なことをお聞きします。
     例えば、以前に薬で副作用やアレルギーが起きたことはなかったか、他にどのような薬を服用しているかなど、心配がないことを確認して調剤します。なお、一度お聞きしたことは薬局で記録しておき、次回の調剤に役立てます。かかりつけの薬局を決めておくと、患者さんの使用する薬(2ヶ所以上の医療機関からの薬や市販薬等)の重複や相互作用をチェックできるので、より一層安全な薬の使用が期待できます。

  • 薬局へファックスで処方せんを送ることができると聞きましたが?

    かかりつけの薬局に処方せんをファックスで送っておくと、早めに準備ができます。また、すぐにお薬をもらいに行けない場合など、ファックスで受付する事もできます。薬局で薬を受け取る際は必ず実物の処方せんをお持ちください。
    (処方せん原本を持っていかなければ、お薬を受け取ることはできません。ご注意ください。)

  • どこの調剤薬局でもお薬代は同じですか?

    お薬直接のお値段は全国どこの調剤薬局でも同じです。調剤の仕方などにより、技術料が多少異なることは有りえます。

お薬についてのQ&A

  • 処方せんで調剤してもらう薬と市販されている薬の違いは?

    一般の薬局や薬店で販売している薬(市販薬;OTC)は、誰でも自由に買うことができる薬です。市販薬は、数種類の成分を幅広く効果的に配合してあります。例えば、胃薬、かぜ薬など色々な症状に対応できるよう配合されています。
    一方、病院からの処方せんでもらう薬(医療用医薬品)は、多くは単一成分の医薬品で医師が診察をして、患者さんに最も適した薬を組み合わせて選ぶ薬です。患者さんの体質・年齢などを考慮し、薬の種類や量を調節して処方します。そのため、自己判断で中止したり用法・用量を変えたりすると副作用等の危険を生じる場合がありますので、使用している医薬品について疑問をお持ちになられた場合には、医師・歯科医師または調剤した薬剤師にご相談いただくようお願いします。

  • 薬の保管で気を付けることは?

    薬は全て薬箱(救急箱)に入れておいた方が良いと思われがちですが、種類によって、保管の仕方が違います。
    例えば・・・
    1.高温・湿気・日光を避けて保管。
    2.坐剤・シロップ剤は原則として冷蔵庫に保管。(他にも点眼薬、内服薬でもあります)
    3.子供の手の届かない場所に保管。
    4.古くなった薬は使用しない。調剤された袋に入れて保管しましょう。


    他にもお薬によりましては保管の際にご注意いただく場合がありますので、しっかり薬剤師に確認しましょう。

  • 薬の相互作用(飲み合わせ)とは?

    2種類以上の薬を同時に使用した場合、薬と薬がお互いに影響し合って、薬の効き目が変化することがあります。また、単独で使用した場合は現れない副作用が現れることもあります。これを「薬の相互作用」といいます。服用する薬の種類が多くなればなるほど、薬と薬の相互作用は起こる可能性があります。かかりつけ薬局を決めて、薬剤師に是非確認しましょう。他の病院・診療科でもらっている薬を診察の際に医師にも見せることが非常に大事なこととなります。市販の薬を服用していても同様です。

  • 薬と食べ物にも相互作用はありますか?

    食べ物によって薬の作用が影響を受ける組み合わせがあります。
    「薬によっては、注意を要する食べ物がある」ということを覚えておき、薬を受け取ったら、注意すべき食べ物や飲み物を薬剤師に確認しておきましょう。

  • 「食間」と指示されたのですが、いつ薬を飲めばよいのですか?

    「食間」とは、食事をとってから約2時間が経過した時期を指します。決して食事中に服用するという意味ではありません。食事と食事の間のことですので、間違わないようにしてください。
    一般的には・・・
    「食」とは、食事の約30分前
    「食」とは、食事の約30分後
    「食」とは、食事の約2時間後

    飲み忘れた際の対応は、医師・薬剤師に確認しましょう。

ジェネリック医薬品についてのQ&A

  • 「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とはどのような医薬品ですか?

    ジェネリック医薬品とは、先に発売された薬(先発医薬品)の特許終了後に、製造発売される医薬品です。薬には通常、特許があって、他の製薬会社が製造・販売することはできません。しかし、一定期間が過ぎ、特許が満了した医薬品は、他の製薬会社が同種、同効の薬を製造・販売することができます。すでに承認されている医薬品と有効成分、用法・用量、効能・効果が同等であり、後に発売された医薬品をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。 お薬の有効成分の研究開発費用が掛かっておりませんので、一般的に先発医薬品よりお安く調剤できることが多いです。

  • すべての薬にジェネリック医薬品がありますか?

    先発医薬品の特許が満了していなければ、ジェネリック医薬品を製造販売することはできませんが、特許満了後においてもすべての薬に対してジェネリック医薬品が製造されるということではありません。患者さんの症状によっては、ジェネリック医薬品がない場合もあります。

お薬手帳についてのQ&A

  • お薬手帳とは何ですか?

    お薬の使用履歴を記録していく手帳です。いつ、どこの医療機関でどのようなお薬が処方されたかなどの情報を記録していきます。また、体質やアレルギー歴、副作用歴なども記入することができます。

  • お薬手帳の使い方は?

    全国どちらの医療機関(病院・薬局・ドラッグストアなど)でも使用できます。
    お薬手帳に情報を記入し、医師・薬剤師に見せる事であなたの情報を伝える事ができます。お薬手帳を一冊にまとめることで、飲み合わせや重複を確認することができ、より安全に薬を使用することができます。
    例えばこのような時に便利です
    ・複数の医療機関を利用しているとき 
    ・過去に薬の副作用やアレルギー症状が出たことがある方
    ・転居して新しい医療機関を受診するとき 
    ・休日・救急病院などを受診するとき
    ・旅行・出張先で体調が悪くなり、病院を受診したり、薬局で薬を購入するとき
    ・震災などにあったとき など


    「お薬手帳」は、患者さんと医療機関との間の”連絡帳”となります。薬の事をよく知り、正しく使って安全な治療が受けられるよう、医療機関、薬局に行かれるときは持参して、「賢い患者さん」になってください。

薬局製剤についてのQ&A

  • 薬局製剤とはどのようなものですか?

    薬局で独自に調合して販売するオリジナルの医薬品です。許可を得て製造していますので、病院で処方される成分を用いる事ができ、高い効果が期待できます。ご家庭の常備薬としてもお勧めいたします。

  • ドラッグストアなどでも購入することが出来るのですか?

    一般のドラッグストアでは購入できません。薬局であっても薬局製剤を取り扱っている所は非常に少ないです。

  • 処方せんは必要ですか?

    必要ありません。薬剤師の判断で販売を行うことが出来ますので、病院を受診しなくても薬局で購入することが出来ます。

  • 他にかかっている病気があるのですが大丈夫ですか?

    お持ちのご病気によっては服用することが出来ない場合がまれにあります。安全に服用できるかどうか確認いたしますので、薬剤師にご相談ください。

  • 病院でもらっている薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

    薬局製剤も医薬品ですので、病院で処方されている薬との飲み合わせをチェックする必要があります。薬剤師が薬局製剤を販売する際には、他に飲んでいる薬が無いかどうか確認致しますのでお知らせください。(普段当店にて処方された薬をお渡ししている方は、薬局に残っている記録から確認できます。)

お問合せへ

時計台薬局愛生館ビル薬局

(C) 2012 TOKEIDAI YAKKYOKU All rights Reserved.

PAGE TOP