有限会社時計台薬局&愛生館ビル薬局

メニュー

有限会社時計台薬局&愛生館ビル薬局の新着情報

新着情報

  • 気をつけよう!ヒートショック 2020-02-03

    暖かい部屋から寒い部屋へ移動したときに、急激な温度変化によって血圧が急に上昇したり下降したり、大きく変動する事があります。
    そのため、血管や心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなります。
    また、血圧が低下する事で、めまいやふらつきが起こりやすくなります。

    例えば、暖房をつけている暖かい部屋から、暖房をつけていないお風呂やトイレに移動すると、身体は体温を調節するために血管を細くして、皮膚の下に流れる血液の量を減らし、身体の熱を逃がさないように調節します。
    血管が縮むと、血液が流れにくくなるので、血圧は急上昇します。
    このとき、心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞・脳出血)の危険性が高まります。

    そして、お風呂に入り身体が温まると、今度は血管は広がり、急上昇した血圧は急激に低下して、めまいやふらつきが起き、または、意識を失って、転倒や溺死という結果を引き起こす事もあるのです。

    予防としては、温度差を極力少なくする事が重要となります。
    冬は寒いので熱いお風呂に入りたくなってしまいがちですが、41℃以下にするようおすすめいたします。
    (部屋の温度は15℃以上、28℃以下がおすすめです。)
    (洗面所やお風呂・トイレの温度は冬季でも20℃以上がおすすめです。)


    〔注意〕ヒートショックを起こしやすい方

    ●65歳以上の方
    ●肥満気味の方
    ●食後すぐや飲食後に入浴する習慣がある人
    ●41℃以上の熱めのお風呂が好きな方
    ●高血圧・糖尿病・動脈硬化などの持病のある方
    など


    高齢者に多いヒートショックですが誰にでも起こり得る症状でもあります。
    家族全員がヒートショックに注意しましょう。


前のページへ戻る
ページ上部へ戻る